協会新着情報

2017年04月04日

一覧に戻る

ポスチュアウォーキングの効果、可能性が論文発表されました

静岡大学 杉山 祝原 両教授が ポスチュアウォーキングの研究論文を発表くださいました。
杉山教授:保健体育教材としてのポスチュアウォーキングの可能性
祝原教授:歩行時立脚期による足圧分析によるポスチュアウォーキングの特性の検討


まとめをご覧いただくと結論が出てます。 私は大学でこういう勉強をしていません。また専門知識も本を読むという独学です。 そして実践は 私の体に聞きながらこのポスチュアウォーキングを作り上げてきました。
現在も専門家の方の情報を頂き、実践しながらさらに楽しく実践的な方法を探り続けております。

こうして専門家の教授の皆様に研究材料として興味を持っていただけただけでも光栄ですが、先生曰く
「ポスチュアウォーキングの良いところも悪いところも 公平な目で科学者として分析したら 図らずも良いところばかりで がっかり」と笑っていただきました。

なんと光栄なことでしょう!
絶対に多くの人に役に立つ!なんの保証もないままに、自分の体と心が確実に変わった経験を レッスンで口伝してきたものが こうして証明されました。
そしてどんどんその注目を浴び 現在も他機関で専門家の先生方の研究が進んでいます。

どうぞ皆様の健康幸せにお役に立ちますように!ぜひ実践引き続き♪



pagetopへ

ページの先頭へ