プロフィール

  • スタイリスト情報
名 前: 東海:下田 ひろこ
  • VOICE
  • メッセージ

東海地方在住。インドから通いスタイリスト資格を得た根性の持ち主。長く患った腰痛もポスチュアウォーキングで克服。その経験を活かします。

しもだ ひろこ 1973年 愛知県生まれ
名古屋市在住 身長165cm
大手自動車メーカー マーケティング部門に13年間勤務し
役員秘書などを務める
夫のインド駐在に約4年帯同、現在 名古屋市在住。

子どもの頃から 運動が苦手。
ランドセルを背負った日から、肩こりに悩まされ、
整体、あん摩にお世話になることに。

その為、姿勢を気にする日々を送り、
20代では登山、ダイビング、キャンプとアクティブに活動するも、
32歳で椎間板ヘルニアを発症、35歳に子宮筋腫摘出で開腹手術。
くしゃみでギックリ腰、しゃがんでギックリ腰
慢性的な痛みで歩くのも苦痛、コルセットが手放せない生活を送る。

38歳の時、歩くだけで自分の筋肉でコルセットを作ることができるとのコピーに惹かれ
ポスチュアウォーキングの扉を叩き
41歳でスタイリスト資格取得。

ポスチュアウォーキングに出会ったことで、
長年 扱いづらいからと諦めていた自分の身体に向き合うことが楽しくなり
自分の身体を大切に扱うことを学び、
大切にすることで 無理だと諦めていたことを自分で変えられる 経験しました。

そして、おまけとして「美」もついてきてくれました。

自分の身体を諦めない、いくつになっても変われる。
ポスチュアウォーキングで一緒に新しい自分を発見しましょう。

東海:下田 ひろこ

My Story ビフォー&アフター

Before

1996年23歳
写真は5cmヒールを履いています
O脚、下半身太り
太めのパンツを愛用
正面から見てもわかる反り腰

30代
椎間板ヘルニア
他の病気で縦に12cmの開腹手術
腰の痛みと戦う毎日
ヨボヨボ歩き
くしゃみでぎっくり腰
椅子から立ち上がって尿もれ
コルセットが手放せない
高額整体に給与が消える…

この先生がいなくなったら生きていけない、
と思い詰める

人の手を借りるだけではダメだと
筋肉をつけるために扉を叩いた
ヨガで体を痛め
個人トレーナー付き加圧トレーニングで
やや回復するも また体を痛め

鍼灸院に通い 常に皮内鍼を入れ コルセットを巻き
もう人生終わったと考える

東海:下田 ひろこ

2011年37才 3月11日を経て、
生きているのに、それを諦めてはいけない
と思い直す

38才 歩くだけで、
自分の筋肉で自分の体にコルセットを作ることができる
という、コピーに惹かれ
ダメ元でポスチュアウォーキングレッスンに参加

でもレッスン翌日 腰が痛くなり、
いつもの鍼灸院で言われたのが
「いつもは背骨が曲がるけれど、
今日は曲がっていない、これは筋肉痛」

それなら!と月1で通い

40代の今、
ポスチュアスタイリスト
(ウォーキングインストラクター)

他の人よりも多分
時間はかかったけれど(インドから通いましたし)
自分を諦めなくてよかった

こんな経験をしたから、人に伝えたいと思う

東海:下田 ひろこ

PAGE TOP